10月27日(土)、28日(日) オープンソースカンファレンス2018 Tokyo/Fall へ出展いたしました!

2018-10-30

 
10月27日(土)、28日(日) 明星大学にて
「オープンソースカンファレンス2018 Tokyo/Fall」が開催されました!

OBCIは後援団体として出展し、展示ブースでの資料配布や活動紹介、
一般会員の勧誘、セミナーでの講演を行いました。

セミナーでは、毎回ご好評をいただいている「オープンソース入門」と、TIS社による「自律的運用に向けた第一歩 ~運用現場にあふれる情報をデータ化し機械的に学習できる状態に~」の講演を行い、多くの方にご参加いただくことができました。

ブース及びセミナーにお越し下さった皆さま、どうもありがとうございました!
 
■お申込み受付は終了しました■
 


20181027開催、osc2018@TokyoFallブース

20181027開催、osc2018@TokyoFallセミナー

 
◆2018年10月27日(土) 15:15~16:00
【前半】「オープンソース入門 ~OSSの最新動向とトレンド~」
<講演内容>
近年、益々重要性を高めるオープンソース。企業で導入・検証されているOSSの最新動向と最近のトレンドを解説します。
<講演者>
吉田 行男 (OBCI理事/株式会社日立ソリューションズ)


20181027開催、osc2018@TokyoFallセミナー

 
【後半】「自律的運用に向けた第一歩 ~運用現場にあふれる情報をデータ化し機械的に学習できる状態に~」
<講演内容>
運用現場には非常に多くの情報が活用されずに眠っています。
(報告のためだけに利用され、同じような調査・検討作業に追われる現状になっていませんか?)
そういった情報をどのように活用できる「データ」として扱うか、データを活用することでどういった世界に向かうのか、TISでの取り組み内容をまじえてご紹介します。
<講演者>
池田 大輔 (TIS株式会社)


20181027開催、osc2018@TokyoFallセミナー

 
【開催概要】
日時:2018年10月27日(土) 10:00~18:00 (展示は11:00~17:30)
   2018年10月28日(日) 10:00~17:30 (展示は10:00~16:00)
場所:明星大学 日野キャンパス 28号館 2F (OSC受付)
   多摩モノレール「中央大学・明星大学駅」から大学まで直結 会場まで徒歩6分
費用:無料
内容:オープンソースに関する最新情報の提供
  ・展示 – オープンソースコミュニティ、企業・団体による展示
  ・セミナー – オープンソースの最新情報を提供

主催:オープンソースカンファレンス実行委員会

 

▼セミナー資料は以下からダウンロードしていただけます▼
「オープンソース入門 ~OSSの最新動向とトレンド~」.pdf (株式会社日立ソリューションズ 講演資料)
「自律的運用に向けた第一歩 ~運用現場にあふれる情報をデータ化し機械的に学習できる状態に~」.pdf (TIS株式会社 講演資料)

Copyright© 2008-2017 オープンソースビジネス推進協議会 All Rights Reserved.